イベント報告:ハッチョウトンボの国勢調査

去年に引き続き「ハッチョウトンボの国勢調査」を5月28日に実施しました。

今年もお天気が良く、初めてハッチョウトンボを見るという方でも

すぐに見つけられるくらい、

足元の草にたくさんとまっていました。

ちっちゃーい抜け殻も発見!

この子の帽子が、羽化したばっかりのトンボのお気に入り~

性別も見分けられるようになったところで、いざ国勢調査!

去年はオス79匹、メス72匹の合計151匹いましたが、今年は何匹いるかな・・・?

結果はオス78匹、メス61匹の合計139匹!

少し減っていますが、これが年による変動なのかどうなのかはわかりません。

来年はまた増えて欲しいな。

ハッチョウトンボの他にも、クロスジギンヤンマやモノサシトンボなど

いろんなトンボたちとの出会いがありました。

 

続いて、トヨタ白川郷自然学校のヤンマーさんから

オンラインで白川郷のトンボを紹介していただきました。

白川郷では、生きた化石のムカシトンボやエゾイトトンボなど、

トヨタの森にはいないトンボも見られます。行ってみた~い!

 

午後は、トヨタ自動車のボランティアさんによるものづくり教室!

生き物のすごい能力を人がまねて生活に活かすことを「バイオミミクリー」と呼びます。

今年もトンボのハネのすごいところをまねたプロペラを使って、ミニ発電機を作りました。

今年はハネを作るところから体験!

透明のプレートを温めて金属の型でギュッと押すと、

トンボのハネそっくりのプロペラができあがり。

去年からグレードアップした発電機で、みんな上手に発電できました。

 「トンボの翅の仕組みがわかり良かった」「空気の流れの勉強になりました」と、

大人も楽しく学んでいただけました。


ふりかえりでは、

「自分たちが昆虫を少なくしていることを知って、そういうのをやめていこうと思った。」

という言葉が子どもの口から聞かれました。

ハッチョウトンボだけに限りませんが、全国的にトンボの生息地が減っています。

未来の子どもたちにも、いろいろな生き物と出会う感動を伝えていかねば、

と改めて感じました。

(文 がっちゃん、写真 トヨタの森スタッフ)

0コメント

  • 1000 / 1000

トヨタの森 里山学習館エコの森ハウス

所在地 :〒444-2225 愛知県豊田市岩倉町一本松1-1

開館時間:月~金曜(祝日を含む)9:00~16:30(※入場は16:00まで)


<お問い合わせ先>

TEL:0565-58-2736 Eメール:mail@toyotanomori.jp