イベント報告:カエルと育む生きる力  ​Part1

5月11日、12日の二日間、カエルをテーマにしたイベント
「カエルと育む生きる力」を実施しました。
北は栃木から、南は屋久島まで、年齢も子どから大人まで総勢80人近くも集まり、熱い2日間となりました
その模様をお伝えします。

11日
シュレーゲルアオガエルの卵塊触診調査
シュレーゲルアオガエルというカエルは土の中に穴を掘って卵を産みます。
土を触って、卵のありかを調べ、カエルがどんな環境を好むのかを体感していただきました。
「こんなにふわふわなのね~!」とさわり心地に感動!

活動紹介

様々な視点でカエルと関わっている方々の活動を紹介していただきました。


休場聖美様 ((公財)日本自然保護協会) 
 環境省事業としてスタートしたモニタリングサイト1000里地調査についてお話しいただきました。
 トヨタの森もこの調査に参加し、アカガエル類の調査を行っています。
林臨太郎様(広島市安佐動物公園)
 全国的に絶滅危惧種に指定されているナゴヤダルマガエルの飼育保全活動についてご紹介いただきました。カエルの保全活動をしている田んぼで取れたお米がダルマガエル米として販売されているそうです。
藤谷武史様(名古屋市東山動物園)
 カエルをテーマとした環境教育の取り組みについてお話しいただきました。
 小学校低学年でも楽しくカエルの環境について学べるゲームはトヨタの森でもぜひやってみたいです。


カエル好き大集合!交流会

この日集まった方々はみなさんカエル好き!カエルの「何」が好きか?について熱く語り合いました
会場は笑い声と本気トークの嵐熱気がこもって部屋も暑くなり、いつまでも話が途切れませんでした

夕食は地元豊田市の食材を使ったお料理と、かまどで炊いた赤とんぼ米(農薬を少なくしてトンボの棲める田んぼで作ったお米)のおにぎりを楽しんでいただきました。

0コメント

  • 1000 / 1000