イベント報告:森歩きで二十四節気を楽しもう 大暑 ~ひんやり湧き水探検~

二十四節気の一つ、「大暑」は、梅雨も終わり、一年で最も暑さが厳しい時期。 

しかし今年は何日も曇りや雨が続き、暑いどころか肌寒い・・・。 

7月23日、ようやく雨が上がり気温もぐっと上がってきたこの日に 

森のひんやり湧き水を探しにでかけました。   

どんどん山を下っていくうちに、だんだん汗が出てきました。 

たどり着いた谷の水に、手をつけてみました。

「ひんやり~」

 耳を澄ますと流れる涼しげな水の音が聞こえてきました。   

さて、湧き水はどこから染み出ているのかな?

あたりを探してみると・・・ 山際にじわじわと水が染み出ているポイントを発見! 

手をつけてみると・・・「つめたい!」

なんと水温は18℃でした。気温より10度以上も低いです。


水場にはたくさんの生き物が棲んでいました。  

サワガニの赤ちゃんも出てきてくれました。かわいいですね。 

  

 池の中を探してみると・・・「ん?タガメ?違う!」 

これは湿地に棲む絶滅危惧種のヒメタイコウチです。お尻の先で呼吸しているんですよ~。

谷にちょうど日が差してくると、今度はトンボが池に集まってきました。 

「わぁ~!帽子にとまった!ステキ!」

帰りの森の中では、湧き水ができる仕組みを調べてみました。

落ち葉をめくってめくっていくと・・・だんだんぼろぼろに。

「ふわふわ~」「きゃーシロアリ!」「木の根っこがいっぱい」 

そのおかげでスポンジのような土ができ、

ゆっくりしみこむ事で湧き水のもととなる地下水になります。


「水のところにいる生き物を見れてよかった。今度は地面の中の生き物を見てみたい」 

「水を大切に使わなきゃいけないなと思った」  

そんなことを感じていただけて何よりです。

ぜひ、ひんやり湧き水を感じにきてくださいね。


 (文 いぶ、写真 ひげさん) 

0コメント

  • 1000 / 1000