イベント報告:ちびっこワンダーランド 「森のおだんご屋さん いらっしゃ~い!」

秋晴れの10月8日は、ちびっこワンダーランドの日です
秋といえばお月見、お月見と言えば、おだんごということで、
今日のテーマは 『おだんご』

おだんごだ~いスキなちびっこたちが可愛いエプロン姿で集まりました
みんなでつくるおだんごは3種類
串に刺して焼いたみたらしだんごと、青豆きな粉をまぶしたおだんごと、
カボチャと小豆を合わせたカボチャあんのおだんごです
材料の米粉と白玉粉にぬるま湯を加え、耳たぶの柔らかさになるくらいよ~く練ります。
さぁ~ みんなも ”こねこね、マルマル” はじめましょう
おいしくな~れ おいしくな~れ
普段から粘土遊びや泥だんごづくりしているちびっこたちは
”マルマル” がとっても上手
丸めたおだんごは、薪で沸かした大きな釜のお湯でゆでます。
ちびっこの目から見ると・・・
『ねぇ~おだんごさんがお風呂に入っているみたい』 と・・・
お風呂から上がったおだんごは、ザルに上げ串に刺して炭火で焼きます
『は~い 森のおだんご屋さん いらっしゃ~い』 と、みんなでクルクル焼き上げます。
とろ~りしょうゆダレでお化粧してもらい、もう一度炭で焼いたら・・・
香ばしいかおりがお部屋中いっぱいになり、早く食べたくなっちゃったちびっこたちです
そして、でき上がったのが、3種類のおだんご
森の葉っぱを敷いたお重の中で、お行儀よく並んでいます
森のおだんご屋さんは大きな木の下でいただきま~す
あら、普段は食の細いちびっこたちも自分で ”こねこね・マルマル” した
おだんごを ”パクリ” ママの分まで ”ペロリ” と食べてしまいました
食欲モリモリ 笑顔もモリモリ 元気もモリモリ です
参加してくださったママたちの声
「思っていたより簡単 また子どもと作りたい」
「みんなで外で食べるのは運動会の日みたい」
「まだ小さいので、みんなと一緒には作れなかったけれど、森を一人で歩けたり
串を自分で持って食べたりする姿を見て嬉しかった」

森を歩くと ”癒される” とか ”元気になれる” のは大人だけではなく、
小さな子どもたちもゲンキモリモリになるようです
おだんごを食べた後は、来た時よりゲンゲンゲンキ
バッタを捕まえようと走り回っていました

これが森の力ですね

おだんご作りをきっかけにママもちびっこも森が、自然が ”だ~いスキ” に
なってくれるとウレシイなぁ~ また、来てね
<文 けんけんP  写真 ちーちゃん>

0コメント

  • 1000 / 1000