イベント報告:里山とくらし「なりきり木こり体験!」

 1月23日は朝から厳しい冷え込みに見舞われましたが、みんなで元気に木こりになっちゃいました!
  木こり体験で「昔の暮らしと現代の暮らしとの違い」に気づいてほしいという思いで企画したイベントです。
  まずは木こりの実演!ヒノキにロープを巻き、みんなで倒す方向に引っ張ってもらい、チェーンソーを使って倒しました。木が大きな音を立てて倒れる様子は圧巻でした。
その後、腕の太さくらいの木を家族で協力して切ってもらいました。
始めはぎこちなかったノコギリの使い方が、木こりになったようにうまく使えるようになったのはビックリポン!でした。
切り出した木は午後の薪割りに使うためにみんなで運び出しました。

お待ちかねのピザづくりに挑戦 !

ベーコンや卵などを乗せた大きな"おかずピザ"と丸い"フルーツピザ"をつくり、森の石窯で焼いて『 いただきま~す ! 』
あったかいスープで心も温まりました。

昼からは運び出した丸太で薪割りにチャレンジ!
途中でモリゾーとキッコロ、OS☆Uの斉藤めぐさんが応援に駆け付けてくれました!
突然の登場に皆さんもビックリ!
初めての薪割りも、始めはうまく割れませんでしたが、どんどん上達して大きな音を立てて割れると気分はスカッとします。
雪もちらつく寒い日になりましたが、木こり体験、ピザづくり、薪割りと盛りだくさんのイベントで心もお腹も温まる一日でした。
参加者の言葉より
・雪もちらついたが、スープやピザ、焚火の暖かさをより感じました。
・寒さを心配していましたが、体を動かすことで暖かくなり楽しく過ごせました。
・石窯の火力やたき火の火の暖かさが家で使うガスの火とは全然違った。毎日木を使って火を焚いていた昔の人の大変さもよく分かった。
・普段薪に触れる生活をしていないので、一つ一つが勉強になった。
・ノコギリで木を伐るのも薪割りも楽しかった。
(文 ひげ3 写真 いぶ・がつちゃん・けんけんP)

0コメント

  • 1000 / 1000