イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「樹液に集まる生きもの調査隊」

夏の森に入ると甘ずっぱ~~い香りがどこからか漂ってきます
そのにおいの原因は・・・樹液
その強いにおいに誘われて森の生きものたちが集っています。
どんな生きものが集まっているのか、8月10日にみんなで調査しに行きました!

においを頼りに樹液の出ている木を探します。
森の生きものの気持ちになってにおいをかいでみると
「くっさーい!」「こっちはあまーい!」と、樹液によってにおいが違うことを発見!

樹液を一生懸命なめているハナムグリやカナブンを発見!
幹の根元で眠っていたのは・・・夜行性のノコギリクワガタ!
その他にも、たくさんの生きものを発見しました。

発見した生きものをじっくり観察してスケッチをしてみると、
「カブトムシの足がギザギザして丈夫そうで、爪があるのが分かった!」
「ノコギリクワガタのお腹に毛が生えていてビックリ!」
「ゴマダラカミキリのハネの白と黒のもようが毛でできているのがわかったよ!」
と、普段は気づかない事がたくさん見つかり、
世界でたった一つの生きもの図鑑が完成しました

最後に生きものたちを森へ返しました。生きものさん、調査のご協力ありがとう!

樹液は森の生きものたちにとって、命をつなぐための栄養満点のレストラン です。
木があり、森があるおかげで私たちはいろんな生きものに出会うことができます

生きものがにぎわう夏の森に、またあそびにきてね~

(文 ちーちゃん、写真 こいさん)

0コメント

  • 1000 / 1000