イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「竹トンボをつくろう」

8 月 24 日
小刀を使って竹トンボづくりに挑戦しました。
遊び道具作りに参加してくれた子供たちは小刀を使ったことのない子ばかりで、
始めはみんな不安げ・・・。
「かたくて手が痛い~! 」と言いながらもあきらめずに竹を削ったり、
お母さんと交代で削ったりと、みんな奮闘!
始めは慣れなかった小刀もだんだん格好よく使えるようになりました。
真剣に竹を削って立派な竹トンボが出来上がりました。
出来上がった竹トンボを持って外で飛ばしてみました。
高く飛んでいく竹トンボもあれば、
前や後ろに飛んでいったり全然飛ばなかったりと色々でした。 
どうして高く飛ばないのかを考えてもらいました。
バランスが良くないと飛ばないということがわかって
バランスをよくするためにもう一度削ってから飛ばしてみました。
今度はみんなの竹トンボが青い空に向かって飛んでいきました。
子どもの感想
小刀は最初簡単に見えたけど自分で使ったら難しかった。
最初は飛ばなかったが最後は飛ぶようになった。
お母さんの感想
小刀に夢中になって家族3 人が手にマメができた。
最後には上手に使えるようになっていて、やはり使わせていくことが大事だと思った。
(文 ひげ3 写真 コイさん)

0コメント

  • 1000 / 1000