イベント報告:森歩きで二十四節気を楽しもう ~大暑~

二十四節気の一つ「大暑」は1年で最も暑いとき。
イベントを実施した7月25日も、蒸し暑~い日となりました。
でも、こんな暑いときだからこそ、水辺に行きませんか?
トンボたちがお待ちしていますよ。
まだ赤くなる前の黄色いアカトンボや、花盛りのリョウブなどを楽しみながら水辺へ向かいます。  
この時期トヨタの森の湿地では、たくさんのハッチョウトンボが見られます。
1円玉にすっぽりと隠れてしまうくらいのハッチョウトンボを初めて見た方も多く、
その小ささにビックリ
「あ、あそこにもいる!」「かわいい~」 と歓声が上がります。
「まさか家からほんの10分の場所にいるなんて!」
と、その身近さにもビックリ

だんだん目が慣れてくると見つけられるようになってきますが、
真っ赤なオスとは対照的に目立たないメスには
「足元にいますよ~」 と言わないと、なかなか気づきません。
手に取って観察すると「ハネの模様が細かくてきれいね~」「脚に毛がある」「目の色がきれい」
と、小さい命にすっかり魅了されてしまいました。
「大人になって虫を触れなくなっていたけど、今日は久々に虫をかわいいと思える自分になれた」
「いろいろなトンボがいることを知ったので、これからは散歩のときにもトンボを見つけて楽しめそう!」
と、短い時間でもトンボとじっくり向き合うことで「新たな自分発見」できちゃいました。

これからトンボをお供にしていただくと、楽しい夏が過ごせますよ~。

(文がっちゃん、写真こいさん)

0コメント

  • 1000 / 1000