イベント報告:生き物学校 目指せ!生き物博士

一般の学校が夏休み中の8月3日に、トヨタの森では1日だけの生き物の学校が開校!

生き物が先生になって、生き物のおもしろいところ、すごいところを教えてくれました。

こちらが今回の先生たちで~す。


1時間目はカエル先生の授業です。

カエルの種類や鳴き声、おたまじゃくしの歯(!)のことなどを学び、

みんなでカエルを捕まえて観察しました。

「カエルの授業中には捕まえられなかったけど、お昼ご飯の後に行って捕まえられた!」と意欲満々の子もいて、先生もビックリ!

2時間目はトンボ先生の授業で、トンボの目やはねの特徴、暑さ対策の方法まで教えてもらいました。

池ではたくさんのトンボが出迎えてくれ、産卵するところもゆっくりと観察できました。

お昼をはさんで3時間目はフクロウ先生の授業。

本物のフクロウは見られない代わりに、巣箱やトヨタの森で巣立ちしたときの映像を見せてもらいました。

「フクロウの巣立ちがぽてっと落ちるだけというのが意外だった。」と、驚きがいっぱい!

「おたまじゃくしが皮膚を破って前足を出すのがびっくり。」

「カエルをつかまえたのが40年ぶりでした。生き物との共存に改めて気づく良い機会でした。」

「カエル、トンボ、フクロウ、みんな生存競争が激しい中、会えている生き物は奇跡なんだと思うといとおしい。」

と、先生たちが感じてもらいたいと思っていたことが、十分生徒の皆さんに伝わったようで

とってもうれしかったです。


生き物は生き残るために体を進化させてきました。

そしてその中には、生きる知恵や工夫がいっぱい詰まっています。

私たち人間もこれからの地球で生き残っていくために

大先輩である生き物たちにいろんなことを学んでいきましょう!

(文 がっちゃん、写真 トヨタの森スタッフ)

0コメント

  • 1000 / 1000