イベント報告:ふしぎはっけん!森の探険隊「バッタ・カマキリのW杯」

9月23日、秋の旬の生き物たちと参加者の熱き戦いがトヨタの森で繰り広げられました!


『家族対抗バッタジャンプ大会』

自分で捕まえたバッタをじっくり観察してから、バッタのジャンプした飛距離を競います。

足で力強くジャンプするイナゴに、羽を大きく広げて飛んでいくショウリョウバッタ。

バッタの見事なジャンプやかわいいジャンプに笑いと歓声が上がりました!

なんと最長記録は16mでした。お見事!

『歩くかな?カマキリ手のひらリレー団体戦』

大きなカマキリを発見!手のひらの上にカマキリを乗せてあげればカマも怖くない♪

とことこ歩くカマキリを落とさないように、手のひらで道を作ります。

さっきまでカマキリを触れなかった子も必死で手を出していました☆

『お腹のハリガネムシ何cm?!』

カマキリのお腹の中には、ハリガネムシと言う寄生虫がいることがあります。

お尻を水につけると…うにょ~~ん、と長―いハリガネムシが出てきた!

初めて見る方はビックリ!

ハリガネムシの長さを測ってみると、22cmや27cmとカマキリの大きさよりも長い!!

「どうしてカマキリは小さいのにハリガネムシは長いんだろう?」

みんなこの不思議に興味津々。

生き物と一緒に遊んで、大人も子どもも大盛り上がり!

大人「昆虫を捕まえたりはしたことがあるが、このような遊びをしたことがなかったので楽しかった。」

大人「子どもが昨年は触れなかったカマキリを触れるだけでなく、手に乗せたり捕まえられるようになって成長を感じられた。」

子ども「初めは少しカマキリを怖いと思っていたけれど手のひらにのせてみたら大人しくてびっくりしました。」

と感想をいただきました。

バッタジャンプ大会のメダリストファミリー☆おめでとうございます!

生き物と仲良く遊ぶことで、生き物の特徴や生きるための知恵を知ることができます。

優しい気持ちで生き物と触れ合ってみてくださいね♪

(文ちーちゃん 写真こいさん)

0コメント

  • 1000 / 1000