イベント報告:たき火の会

2月11日、ぽかぽか陽気の中、たき火を楽しむ会を開催しました。

たき火の会は、インタープリターが説明したり教えたりするのではなく

参加者の皆さんが自分たちで、火加減を調整しながらたき火を楽しむ場です。


どんな風に薪を組むと火がつくか?

子どもたちで「斜めに組むといいと思う」「倒れないように・・」と

相談しながら何度も組みなおしながら試行錯誤!

やっとのことで火がつきました!自分たちで工夫してつけた火はとってもあったか♪

大事に使いたくなりますね。

今回使った薪の火と炭の火、石窯の火と3種類の火はそれぞれ火力や特徴が違います。

火の使い分けができるようになったらたき火の達人!

なかなか1回だけではマスターできないところがたき火のおもしろく、奥が深いところ。

「お湯が沸いたよ~」「石窯の火加減がよくなってきたから、ピザ焼けるよ~」と声が飛び交い、

全員が仲良く和気あいあいとたき火を楽しんでいました。

最後には誰と誰が一緒の家族なのか、わからないくらい打ち解けていました!!

たき火のパワーってすごいですね♪

たき火の会に来ると「あったかい」「おいしい」「楽しい!」

友達がたくさんできちゃいます。

来年度も開催する予定ですのでぜひ参加してくださいね。

(文・写真 いぶ)

0コメント

  • 1000 / 1000