イベント報告:木こり体験と石窯クッキング

くらしと自然って、実はつながっているんだけど気づかない。
街で過ごす若者にも、森で過ごす楽しさを知ってほしいなぁ。
昔の里山文化じゃなく、これからの21世紀型里山文化を発信したい!

こんな思いのもと企画したのが「里山とくらし」というイベントです。
その第1回目「木こり体験と石窯クッキング」を12月22日(土)に実施しました。
<追加情報>
 Gazoo.comの編集部特選記事にも、このイベントについての レポートが
 掲載されました!ぜひご覧下さい。
参加してくださったのは、大学生や社会人数年目の若い人たち。
みなさん少し緊張気味です。
その緊張をほぐして参加者同士が話しやすくなるようにと、2つのゲームを実施しました。
まずは、なんでもバスケット。お題を自由に決める椅子取りゲームです。
次はチーム対抗、どんぐりころころリレー。
竹で作ったレールをつなげてどんぐりを転がすゲームですが、
これが、やってみたら大盛り上がり。
「もっと、こうしたら?」「はやくはやく!」と会話がはずみ、
初めての人同士も打ち解けられたようです。
次は初めての石窯クッキングにチャレンジ
今日のメニューは骨付きチキンと豚肉ハーブ焼き、野菜スープ。
その下準備を全員で手分けして行いました。

さて、下準備が終わったら、今度はいよいよ木こりの体験 です。
里山の木は、木と木の枝が重なり合っているところも多く
なかなか思うように倒れにくいという特徴があります。
作業に移る前に、どの方向に倒すかを慎重に予測し決めます。
今回は天候が雨。足場が悪く危険なので
木を一人一人が切り倒すのではなく、
太い一本の木をみんなで協力して倒すプログラムに変更しました。
インタープリターのひげさんがチェンソーを使い
参加者のみなさんはロープで木をひっぱります。
めきめきっ・・・どしーん!!!

大きな音とともに木は倒れ、大歓声があがりました
今まで何十年と生きてきた木が倒れる瞬間は相当な迫力でした
次は倒れた木の枝をのこぎりで短くきっていきます。
足で枝を抑えてのこぎりを使う姿がカッコイイ★

作業を終えて戻ると、石窯に入れた肉がこんがり焼きあがっていました。
みんなで一緒にいただきます☆
石窯ランチはとってもおいしいと大好評でした。
やっぱり自分たちで手作りした料理は味もひとしおですね

さて、午後はインタープリターの案内で森の中へ
いろんな感覚を研ぎ澄まし、肌で森を感じました。
参加者からはこんな声をいただきました。
「目かくしをして森を歩くと、
土のやわらかさ 葉っぱのガサガサした感じ がわかった」
「森で目を閉じて耳をすますと、すっと心が落ち着いて
森のにおいや空気が肌に伝わってきた
これは実際に森を歩いてみないとわからないかもしれないですね

最後に、森Cafeワークショップと題して
お茶を飲みながら今日の一日をふりかえりました。
トヨタの森と若者がつながるアイデアもみんなで考えてみました。
和気あいあいと、楽しい雰囲気でした

アンケートでは、
参加者全員が今日の体験の中で「感動」 「気づき」 があったと答えてくれました。
また、今後もトヨタの森のイベントに参加したいと答えてくれました。
森で過ごす楽しさ や、くらしと自然のつながり
少しでも感じてもらえたかなと、うれしくなりました
参加してくださったみなさん、ありがとうございました
次回は2013年2月16日(土)、薪割り体験と石窯クッキングを実施予定です。
申込み受付中 →詳細はココをクリック!
興味のある方はぜひ、お申込みくださいね。
森でお待ちしています
(文・いぶ)

0コメント

  • 1000 / 1000