イベント報告:紅葉・黄葉 色いっぱい!

11月19日、雲ひとつない日本晴れの中、「紅葉狩り」 に出かけました
紅葉と言うと赤色のモミジやカエデと思われがちですが・・・
万葉の昔から 「紅葉」 と言わず、「黄葉」 と書いて 「こうよう」 と呼んでいたとか・・・
トヨタの森には、「黄葉」 になる木が多いですが・・・
「赤色 」 や 「黄色 」 と言葉では表せないほど、色のバリエーションが豊かです

葉っぱをお陽さまにかざしてみると、どうでしょう・・・
「わぁ~きれい 色いっぱい、自然は芸術家だ~」 と、
森の入口からテンションが高まります
ハナノキやフウの葉は見る角度によって輝きさえ違って見えます
葉っぱを一枚手のひらに置いて、パチンと叩いてみます。
ほら何とも言えないいい香り
まるで ”森の魔法" にかかった様な
勇気を出して、味わってもみました。
黄色い葉は 「わぁ~にが~い」 緑の葉は 「あれれ??・・あま~い」
よく葉を見ると、黄色の葉っぱには虫に食べられた跡がありませんが・・・
緑の葉は穴だらけ・・・へぇ~
「葉っぱをかじった虫が美味しい方を食べたキモチがわかる~」 との声も
お気に入りの葉っぱを少しだけ拾い、ビニール袋の中へ。
お顔を描いて木にぶら下げてみると、色とりどりの素敵なワンピースを着た
かわいい子ども?・・・”木の妖精” のでき上がり

いつもは見るだけの紅葉狩りも今日は、葉っぱを飛行機のように飛ばしてみたり、
オシャレに飾ってみたりと、楽しく遊んじゃいました
「澄みきった青空に感動」 「思った以上に葉っぱの甘い香りに驚く」
などなど、秋の森は笑顔であふれました

四季のある日本の里山の風景が、いつまでもいつまでも続きますように・・・
<文 けんけんP  写真 ちーちゃん>

0コメント

  • 1000 / 1000