TMGのムササビニュース 4月28日版

「衝撃映像」
3月26日に生まれたマロンの2頭の赤ちゃんは
順調にすくすくと育っていましたが、
なんと!4月15日の夜中(0:35)に
マロンが出て行っている隙に(3:50)アオダイショウが入って
大きくなっていた2頭の赤ちゃん内の1頭をくわえて出て行きました。

マロンは明け方の(4:46)に巣箱に帰ってきて、
しばらく落ち着きなく外を見たり子どもを見たりしていましたがそのまま朝を迎え、
いつものように仰向けに寝ながら授乳をしていました。
しかし、何かを感じたのかその日の夜に残った1頭をくわえて引越ししていきました。
残った1頭だけでも無事に巣立ちしてくれると信じたいです。

昨年はテンにやられて悲しい思いをしたので、
周りの枝を切って飛び移れないように整備をし、
ネズミ返しも取り付けていたので安心していました。
アオダイショウがどうやって巣箱まで来たかは解りませんが、
こちらが考えるよりも想像を絶する行動したことになります。

チャンネル2番(写真右上)の巣箱では、
シジュウカラが12日から本格的に抱卵を始めました。
卵は11卵を抱いていますので、12日に11個目の最終卵を産んだと思われます。
抱卵期は2週間くらいだったので26日には一斉に孵化しました

チャンネル4番(写真右下)の巣箱では、
フクロウが4月3日に1卵を産み6日に2卵目を産み抱卵中です。                            
抱卵期は一ヶ月程なので
5月2日に1卵目が6日に2卵目が孵化する予定で
シジュウカラもフクロウも何事もなく巣立ちしてくれることを祈るばかりです
(文・写真 ひげ3)

0コメント

  • 1000 / 1000